自転車NAVITIME - ナビ・ルート検索・走行ログ

send link to app

自転車NAVITIME - ナビ・ルート検索・走行ログ



Free

■■ サイクリングをもっと快適に! ■■音声案内やルートの高低差グラフなど、自転車に特化したナビ機能。また650万件のスポット情報から周辺の自転車ショップやコンビニを検索できたりと、お出かけ先でも便利な機能を搭載しています。自転車アプリで迷ったら、まずは自転車NAVITIMEをお試しください!+++++++++++++++++++++++++++++
★無料で使える機能
◆[ルート検索(1種類)] 推奨ルートを無料で検索することができます。
◆[高低差グラフ] 高低差グラフを表示し、ルートの起伏を一目で確認することができます。また走行中は自分が高低差グラフ中のどのあたりにいるか確認できるため、適切なギアチェンジやペース配分などを考える際にも便利です。
◆[音声ナビゲーション(制限あり)] 月間10kmまで無料でご利用になれます。
◆[Android Wear端末と連携] お使いのスマートフォンとAndroid Wear端末が連携した状態でナビゲーションを開始すると、音声案内時に、Android Wear端末にもお知らせ(通知)が届きます。スマートフォンを取りださなくても、手もとで案内情報が見られますので便利です。
◆[周辺から地点検索] 全国650万の地点情報から、現在地周辺5kmのスポットを検索できます。
◆[自宅登録] 自宅の位置が登録できます。登録すると自宅へ帰るルートをワンタッチで検索できる他、自宅からのルートも簡単に検索できます。
◆[サイクリングロード特集] 全国の人気サイクリングロードをピックアップし、コース全体図や立ち寄りスポットを写真付きで紹介しています。(※掲載コースは「掲載サイクリングロード」の項目をご確認ください)
◆[夜でも見やすい地図] 昼と夜で地図の配色が自動で切り替わります。どちらかに固定することも可能です。
◆[電子コンパス] 現在地の矢印が端末の向きに合わせて回転する固定モード、地図が端末の向きに合わせて回転する回転モードの2種類のモードが利用可能です。
★プレミアムコースで使える機能(月額300円)
◆[ルート検索(7種類)] 出発地と目的地だけでなく、経由地も指定したルート検索ができます。以下の7つのルートをオプションとして表示します。・推奨ルート(※1)・距離が短い・坂道が少ない・坂道が多い・大通り優先・裏通り優先・サイクリングロード優先(※2)※1「推奨」とは、距離・時間・高低差などを考慮した自転車で走りやすいルートです。※2「サイクリングロード優先」とは、サイクリングロードが近くにある場合、優先的に通るルートです。
◆[音声ナビゲーション(制限なし)] 距離制限なしで音声ナビゲーションをご利用になれます。
◆[走行ログ機能] 走行したルートや距離、消費カロリーなどを記録・閲覧できる機能です。 ログは、月次カレンダーと日次リストで見ることができます。実際に自転車で走ったルートが速度に応じて色分けされて表示されます。また、お気に入りのサイクリングルートを簡単に友人や仲間にシェアすることも可能です。最大6時間まで連続保存できます。
◆[My地点] お気に入りの地点を保存することができます。
◆[ルート履歴] 検索したルートの履歴を最大10件まで保存することができます。
★プレミアムコース・料金:月額300円(税込)・docomo spモードとSoftBankまとめて支払い、Googleウォレット決済によりご利用になれます。・「auスマートパス」をご利用の方は「au Market」の「自転車NAVITIME for auスマートパス」でも同様の機能をお使いいただけます。・プレミアムコース登録した後に自転車NAVITIMEアプリを削除して再インストールされた場合、登録状態の復元が必要になります。 詳しくは[MENU]>[会員登録/解除]>[会員状態の復元/引継ぎ]よりご確認ください。
★掲載サイクリングロードちば里山若葉コース、ちばベイサイド美浜コース、Cycle Aid Japan 2013(全12コース)、瀬戸内しまなみ海道、安芸灘とびしま海道、荒川サイクリングロード、江戸川サイクリングロード、多摩川サイクリングロード
★ご注意・ルート検索で使用する道路情報は、自動車用のものを基にしています。自転車では通行しづらいルートを案内する場合がありますが、必ず交通規制に従って走行してください。自転車用の道路情報の整備は随時進めており、ルートについても改善予定です。・設定した出発/目的地によってはサイクリングロードを通る経路が表示されない場合もございます。・地図のスクロールができない場合、下記の設定をご確認ください。 1.端末の「設定」より「開発者向けオプション」をタップする 2.次ページで「GPUレンダリングを使用」をOFFに設定する
★動作確認済み機種Android 4.1以上の端末※WIFI専用モデルについてはお客様の通信環境によって動作が安定しない可能性があるため本サービスでは動作保証しておりません。※GPSデバイスが搭載されていないモデルの場合、自位置の捕捉ができないため、現在地地図の表示やナビゲーションなど、一部の機能がご利用になれない状況です。